SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
「ソナチネ」
OTHERS
RECENT COMMENTS
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
俺の戯言を書いて行くブログ
<< 最近の暇潰し | main | ブログレイジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コードセックス 性欲のフランク




何の力もない童帝フランクは
ある日 謎のリスナーH.H.(エッチツー)と出逢い
絶対性欲の力】この力を持つ者に
下ネタコメントを書かれると
それを見たた人物は性欲が
常時切れるとがない変態になってしまう

と言うのはなく
複数アカウントで下ネタを
言いまくり 自らはそれを止め
皆の評価をあげ 特定の人物の評価を
下げる!


【黒の肉棒団 代表エロ】と名乗り

女なら俺を慰めろ!!
二つの放送に反抗していく物語
それがコードセックス 性欲のフランク
その物語も最終回に突入していく
リョマル「こちらを向けゆっくりと」
エロ(ええい こんな時に)
リョマル「聞こえなかったのか?エロ
こちらを向くんだ ゆっくりと」

エロ「刹那は罪なき新規リスナーに
一方的に下ネタを・・」
リョマル「便利な力だなギアスとは
自らの本アカは影に隠れて
皆の名前を使ったり 複数アカウントで下ネタを書きまくる
傲慢にして変態 それがお前の本質だ!
リスナーさん こいつの本当の正体を
知りたくはないか? 皆には立ち会う権利がある!」

パン!!
リスナー全員「嘘・・・!?なんでどうして」
リョマル「信じたくはなかったよ・・・」
リスナー全員「フランクが・・・」



フランク「そうだ 俺がエロだ
黒の肉棒団と名乗り
幼女大好きジャンコン放送でも
複数アカウントを用いて
本アカでは下ネタをやめさせ
女性リスナーの評価を手に入れる男だ
結果的にリスナーの質はあがっていく
文句はないだろう!」

リョマル「早く君をブロックしておくべきだったよ・・・」

フランク「気づいてたのか?」

リョマル「確信はなかった だから不定し続けてきた
君を信じ続けたかったから・・・
だけど君は嘘をついたね 僕と皆に
ジャンさんに!」

フランク「そのジャンさんが幼女リスナー以外は
ブロックしようとしているんだ!
リョマル 一時休戦といかないか?
ジャンさんを正しく導く為に
力を貸してくれないか?
俺とお前 二人一緒なら出来ないことなんて・・・!」

リョマル「甘えるな! その前にする事は
複数アカウントや下ネタをやめることだった!」

フランク「全ては過去、終わったことだ
お前も自分のブログではR18要素が入ってるじゃないか!
懺悔など後でいくらでも出来る!!」

リョマル「いや君には無理だ!!
君は最後の最後に皆を裏切り
そして放送でブロックされる
君の下ネタを許してはいけない!!」

フランク「馬鹿め 真面目だけで
放送が面白くなるものか!!
さぁブロック出来る物ならしてみろ
ブロックしたら俺の複数アカウントが
自動で下ネタを打ちまくる!
お前らの放送もおしまいだ」

リョマル「貴様!!」

フランク「それより取引だ
お前にギアス(複数アカウント)を
教えたのは誰だ!!
そいつとジャンコンは!!」

リョマル「ここ先からのことはお前には関係ない!!
お前の下ネタが間違っていたんだ
お前は放送から弾き出されたんだ
ジャンコンは俺が!!」

フランク「リョマルル!!」

リョマル「フランクゥゥ!!」















 
次回予告
フランク「許せはしない 許してはいけない
俺の下ネタは俺だけの現実だ
俺が俺であるための真実だ
それを踏み躙り
家畜として飼いならそうした奴が
餌として見下していた奴もいる

償いの時は来た
この放送にエロが戻ってきた事実が
何を意味するか 二つの放送に
思い出させてやる

もう真面目な放送なんていらないから・・・」
| 日常 | 21:43 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:43 | - | - |
いったい何が始まるんです?
| りょまる | 2012/11/13 10:18 PM |

第3次世界大戦
つまりジハードだ!
| フランク | 2012/11/13 10:32 PM |